硝子の太陽R ルージュ

図書館で借りる。
借りるまで、1年待つ。
ハードカバーを買わずに何とか気持ちをごまかして、我慢した。

事件の描写がかなり強烈で、ここまで表現しちゃうのかとびっくりしながら読む。
先に読んだ'ノワール'とは、こう絡むのか〜!
姫川玲子は少し穏やかな人間になったのかな..と一瞬思ったけれど、やっぱりいつもの姫川玲子だった。
だが、バッグはロエベに変わっていた。

前から思っていたけれど、菊田には言いたいことがある。
小説だけど(笑)

ノワールとルージュ、私はノワールが面白かった。

スポンサーサイト

コメント