スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ドS刑事 桃栗三年柿八年殺人事件

シリーズ4作目。
登場人物にも馴染み、また会えてうれしい。
しかし内容は結構凄惨で、金田一耕助が出てきそうな空気感。
鬱々としたものが淀んでいる。
ギャグに後押しされてさくさく読んでしまうけれど、たくさんの人が悲しいことになる。
一体どうやって解決するんだろうかと気になって、止められなくなり一気に読み終わる。

浜田さんは大丈夫なのかなといつも心配になる。
あまり怪我をさせないで欲しい。
かわいそうです。痛い。
☆☆☆☆


スポンサーサイト

コメント