スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ありがとうございました。

今年一年、お世話になりました。
どうもありがとうございました。
2018年も楽しい作品を増やしたいな!と思っています。
よいお年をお迎えください。
南天

師走のころの、贈り物展

「師走のころの、贈り物展」昨日終了しました。
どうもありがとうございました。

絵画、書、アクセサリー、そして私の作品と..8名での展示になりました。
北浦和のアートプレイスK(ギャラリーはなくなってしまいましたが..)の近内さんにまとめていただいてはじまった展示です。
会場の夢工房MARUYAMAさんの雰囲気もすごくいいし、展示内容も素敵で、12月の天気も落ち着いていたし、お客様にゆっくり見ていただけて、作家さんたちもみんな楽しいし、とてもいい時間でした。
夢工房MARUYAMA
Oさんの力がかなり入っているなぁと感じています。
ありがとう。

来年も続きそう..。

次回の展示は2018年4月26日〜5月1日、浦和の楽風さんの2階で「こうぶつ展」です。

師走のころの、贈り物展

いよいよはじまります。
とっても雰囲気のある古民家ギャラリーです。
建物内の階段で2階へどうぞ。
階段が急なのでお気をつけください。
贈り物展
師走のころの、贈り物展
12/3(日)〜8(金) 10:00〜17:30 最終日16:00まで
夢工房MARUYAMA
〒330-0062 さいたま市浦和区仲町2-13-14
TEL 048-877-7421
贈り物展
ハリネズミ指人形です。
緑のトゲ(針)を..と、リクエストをいただきました。
贈り物展
クリスマスツリー指人形です。
今回のツリーはフェルトをたくさんたくさん縫いました。
贈り物展
クリスマスツリー指人形を上から見るとこうなります。

犬の新作はコーギーを作りました。
指人形とブローチがあります。
贈り物展
贈り物展
贈り物展
他、テディベアと指人形とブローチが並びます。
ぜひ見に来てください !
お待ちしています。

師走のころの、贈り物展

クリスマス

師走のころの、贈り物展
12/3(日)〜8(金) 10:00〜17:30 最終日16:00まで
夢工房MARUYAMA
〒330-0062 さいたま市浦和区仲町2-13-14
TEL 048-877-7421

夢工房MARUYAMAさんのクリスマスの展示に参加します。
今はクリスマスツリーを製作中です。

DMです。
贈り物展

宛名側。夢工房MARUYAMAさんは、まるしんさん(焼き魚定食)の近く..斜め先です。
贈り物展

年賀状

指人形が2018年の年賀状になりました。

パレットプラザ/55ステーション年賀状特設サイト(プラザクリエイトさん)

スタンダード/2画面/s2-636
ビーグル犬です。写真が2枚入ります。実店舗のカタログにも印刷されています。

-----

デジプリさん年賀状サイト
 
DX年賀状4画面 ポップ/ POP_C1810
ボストンテリア。写真が4枚入ります。

印刷年賀状 ポップ / POP_N1819
ボストンテリアです。

-----

3点です。
もしお気に召すものがありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
2016年の年賀状、2017年の年賀状にも指人形や人形の写真がデザインの一部に採用されています。
毎年、情報を伝え忘れているかもしれません。うう。。

夢工房MARUYAMA 12月は2階もぜーんぶクリスマス!

クリスマス
夢工房MARUYAMA 12月は2階もぜーんぶクリスマス!
(仮)クリスマスに贈る ひと味違うプレゼントー小物から絵画まで
12/3(日)〜8(金) 10:00〜17:0017:30 最終日16:00まで
夢工房MARUYAMA
〒330-0062 さいたま市浦和区仲町2-13-14
TEL 048-877-7421

夢工房MARUYAMAさんのクリスマスの展示に参加することになりました。
わかったことなど、順次更新していきます。

2017/11/05 展示タイトルが変わったので、上げ直します。

ドS刑事 桃栗三年柿八年殺人事件

シリーズ4作目。
登場人物にも馴染み、また会えてうれしい。
しかし内容は結構凄惨で、金田一耕助が出てきそうな空気感。
鬱々としたものが淀んでいる。
ギャグに後押しされてさくさく読んでしまうけれど、たくさんの人が悲しいことになる。
一体どうやって解決するんだろうかと気になって、止められなくなり一気に読み終わる。

浜田さんは大丈夫なのかなといつも心配になる。
あまり怪我をさせないで欲しい。
かわいそうです。痛い。
☆☆☆☆


後宮に星は宿る

図書館で借りる。
なぜ予約していたのか全く記憶にない。
図書館で受け取って???
私が予約したの???
もちろんそうなんだろう。

読みはじめてみると、最初の3ページでハマった。
面白い。
'暗渠'で、ええええ〜となり、ガンガン読んでいった。
序盤の絶望的な感じがだんだん薄れてきて、途中で緊張感がなくなる。
落ち着いて読めるんだけど、物足りなさもある。
でもどうなるのか気になってやめられない。
あぁ..一冊では完結しないのか..。
こんなところで、うっ..。
続編を予約した。

玄月は、いい人なのか、腹黒いのか、わからないな。
天狗、かわいいな。姿を見てみたい。

読み終わってみても、どうして読もうと思ったのか思い出せず。
きっかけはわからないけれど、いい本に出会った。

輝夜姫

清水玲子さん、読んでいたのはあまりに過去なため、輝夜姫は読んだことはなかった。
読んだことがあるのに、忘れてるってことはないよなぁ..。
ないと思いたい。

電子書籍の期間限定無料版で1〜3巻まで読む。16日まで電子書籍は無料で読めます。
最初は面白さがわからなかった。
キャラの見分けが難しいのと、話にのめり込めないのと。
でも3巻から一気に面白くなる。
面白くて続きも読みたくなり困ってしまう。

そしてユアン・マクレガーの映画を思い出す。
アイランド
アイランドの方が後発なのかー。

薔薇の乙女は秘密の扉を開ける

薔薇の乙女シリーズ、5巻目。
莉杏はいろんな方面から守られていて、今さらながら、そんなに重要な人物なのだろうかと思ってしまう。
主役に対して大変失礼な発言だが、何となく言いたくなってくる。

昴〜、がんばれ。

小さいアンリと莉杏の挿絵がものすごく可愛い。